拝啓 高校生のお前へ捧ぐ

Twitterで、こんなタグが流行っていた。

 

 

「高校生の自分に教えたいこと選手権」

文字通り、高校生だった頃の自分へ伝えたいことをツイートするというものだ。

これは私のツイートだが、正直、高校生の頃の自分に教えてやりたいことなんて、たかが140文字程度で済むわけがない。

上記のハリー・ポッター読みすぎ事件もしかり、「あれしろ これやれ それするな」なんてことは、本当はいくら言っても言い足りないくらいだ。

 

だから、少し考えた結果。

高校生の頃の自分へ手紙を書くことにした。

 

 

  拝啓 高校生のお前へ捧ぐ 

さしあたって、書き出しを考えてみる。

 

~拝啓 16、7の君へ~

 

違う。

これは明らかに何かをパクっている。書き直そう。

 

拝啓 高校生のお前へ

 

うん。これでいい。

 

高校生のお前。お前は今、元気にしているだろうか?

私は、高校を卒業し、大学を出て、今ではもう社会人になった、未来のお前の姿だ。

 

良い感じだ。

 

お前は今、高校何年生になるんだろうか?

もしも高2だったら、春にヴィクトリアズ・シークレットのオーディションに受かったばかりで、ミランダ・カーと同じランウェイを歩けることにめちゃくちゃ興奮している時期かもしれないな。

 

どういう過去だよ。
自分でも嘘過ぎて引くわ。

ちゃんと本当のことを書こう。

 

お前は今、高校何年生になるんだろうか?

もしも高2だったら、世間で言う『華の女子高生』と、自分の高校生活との理想と現実のギャップがあまりに激し過ぎて、夜な夜な泣きながらFF10をやり込んでいる時期かもしれないな。 

 

そうそう、こっちが正しい。

 

しかし、それは仕方のないことだ。

部活もせず彼氏もおらず、学校が終われば速効で帰宅し家で一人ワンピースを観ているお前の青春が、そもそも世間的に言う『華の女子高生』たちと同じようになるわけがない。

 

お前は、家が学校から異常に近いという地の利を生かして、誰よりも早く帰宅していたんだよな。

 

あの頃のお前は本当にワンピースが好きで、放課後に友達がどこか遊びに行こうと誘ってくれても、それをわざわざ断ってまでワンピースを観に家に帰っていたよな。

それぐらいワンピースが好きなもんだから、最後らへん、友達も気を遣ってもう誰もどこにも誘ってくれなくなったよな。

今だから言わせてもらうが、何断ってるんだ。行けよバカ。ワンピースなんてTSUTAYAで借りて見てろよバカワンピースバカ

 

それと、なぜお前は周囲が真面目に部活動に励んだり、コツコツ受験勉強したりしている中で、一人だけ楽しくワンピースの話をしているんだ?

「スリラーバーク篇面白い」じゃねーよ。

いいからお前も勉強しろ。今すぐしろ。特に英語を。今からちゃんと英語の勉強しておかないと、センター試験で痛い目見るぞ。ていうか、見たぞ。

 

200点満点中お前はまさかのセンター本番で80点をとるからな。その内30点はリスニングの点数だから、実質筆記で50点しか取れてねーぞ。何してくれてんだ。

 

それから、いくらハリー・ポッターの最終巻が発売されて嬉しかったからと言って、なぜ高3の10月から、ハリーポッターを全巻読み直そうなどと思い立ってしまうんだ?どんだけ勉強したくなかったんだ?

 

みんなが赤本で勉強してる中、お前一人だけ勉強するフリして分厚いハリー・ポッター読んでたよな。知ってんだからな。

 

お前がそんなんだから、結局第一志望の大学には受からず、滑り止めの大学へ行く。本当は浪人したかったかもしれないけど、それを言ったら親からあり得ないくらい怒られるから、結局そのまま通うことになるんだ。

 

まあ、当然だよな。

 

だが、入学した大学でお前は、当時留学中だったビル・ゲイツに出会い、どういうわけだか彼と交流を持つようになる。

その後、卒業と同時に立ち上げたIT事業の会社で大成功を収めるわけだが、これは、あまり周囲には言わない方がいい。すぐに金をたかられるようになるから。

 

嘘だ。

隙を見せるとすぐに嘘をつこうとする。

そもそも英語が死ぬほど出来ないくせにビル・ゲイツと会話できるわけないだろ。

書き直そう。

 

だが、入学した大学でお前は、色々貴重な体験をすることになる。

それに、高校にいた頃には絶対に出会えなかったような、色んな人たちとも出会う。

それは、いい出会いも悪い出会いもあるけど、すべて、お前という一人間を作る上で、今後大切な要素となっていくものだ。

 

そう、こっちが本当だ。

  

そしてある時、女子大生になって猛烈に彼氏が欲しくなったお前は、突然CanCamを買う。「ViVi」でも「JJ」でも「Ray」でもなく、CanCamだ。CanCamを読んでいる女はモテるというネットのよく分からん情報を見て、すぐに本屋に買いに行く。ホント、すぐにな。

 

これはマジの話だ。なぜかCanCamを読む女子は全員モテるという情報をかたくなに信用していた。

 

それが功を奏したのかどうかは今でも定かではないが、なぜか幸運に幸運がうまいこと重なって、お前はめでたく彼氏をゲットする。そりゃもうお前なんかにはもったいないくらい優しくて、穏やかな彼氏だ。

 

これも、本当の話だ。

 

高校生のお前は、自分はこの先、一生彼氏もできず結婚もできないんじゃないかと自分の未来に絶望しか感じてなかったと思うけど、案外どうして、お前にもちゃんと彼氏ができる日が来る。だから、安心しろ。

 

この先お前は、辛いことも悲しいこともいっぱい経験する。山ほどする。ブラック企業にも就職する。
でも、それよりももっとたくさん、楽しいことや嬉しいことを経験する。山ほどする。
だから今の私は、高校生のお前がびっくりするくらいのバカで本当によかったと思っている。
まあ正直、今もあんまり変わらないけど。

 

なので、高校生のお前よ。

お前の高校生活は、世間でいう『華の女子高生』みたいに華やかで楽しいばかりのものではなかったけど、でも、お前はお前なりの高校生活を楽しんでいたと思う。

というか、楽しんでいた。

お前は、友だちといる時よりも一人でいる時が一番楽しそうで、ワンピースとFFを心から愛する無類のバカだったけど、そんなバカでも、バカなりに楽しい青春だった。

それは私が一番知ってる。なぜなら私がお前なんだから。

  

だからもう、最後に言いたいことは一つだけ。

 

 

 

 

「受験勉強なんてしなくていいから、ハリー・ポッター読め」

 

 

 

【コラム】僕と父のバック・トゥ・ザ・フューチャー

 

          f:id:kubonobono:20180410205118p:plain

※画像はWikipediaより引用

https://ja.wikipedia.org/wiki/バック・トゥ・ザ・フューチャー

 

 

バック・トゥ・ザ・フューチャーを知っているだろうか。

 

1985年に公開された、ロバート・ゼメキス監督の映画作品。製作総指揮はあの、泣く子も黙るスティーブン・スピルバーグであり、80年代のすべてのスピルバーグ作品がそうであるように、この作品も発表当時から恐ろしいほどのヒットを飛ばした。

脚本、演出、キャスト、音楽。何から何まで完璧な作品と呼ばれ、今もなおファンが絶えないという怪物作。

 

今僕は、それと同じ状況にいる。

もっとちゃんと説明するなら、今僕は、「自分の両親が僕と同じ年齢だったころの時代」にいる。

嘘だと思うだろう?

そんなの僕が一番思っている。

僕の知り合いにはタイムトラベルを画策する変わり者の科学者はいないし、今週末に彼女と湖でキャンプするために車が必要なわけでもない。そもそも彼女はいない。

なぜこうなったのかまるで理解できなかったが、過去へ戻ったのには、戻ったなりの理由があるんだろう。

僕は自分と同じ、高校生だった頃の両親を探した。

しかしよくよく考えてみれば、うちの両親は年が10離れていた。つまり、母と僕が同い年の16歳ということは、父はこの時代には26歳ということになる。なんだ、犯罪じゃないか。

母は案外簡単に見つかった。僕が通っている高校に母が通っていたからだ。

母は普通の女子高生だった。部活をし、友だちもいてそれなりに楽しそうだが、頭はあまり良さそうじゃない。

実際、僕の母は頭があまり良くない。というか悪い。「女将」という漢字をいまだに「めしょう」と読み続けているくらいには悪い。

三つ子の魂百までと言うが、この頃からすでに母の頭脳は完成されていたようだ。

 

続いて、父を探すことにした。

だが、そもそも僕はこの頃の父が何をしていたのかを知らない。26歳という年齢を考えれば、恐らくどこかしらで社会人として働いているはずなのだが、そういえば、二人はどうやって出会ったのだろう?馴れ初めについては、興味もないから聞いたこともなかった。

どうしたものかと実家近くをうろついてると、公園の隅で、スウェット上下にギターをかき鳴らしているやばい男がいた。

ああこいつはやばいヤツだと思ったと同時に、僕は直感した。

『父だ!』

26歳の父は、上下ユニクロのスウェットを着て、ブランコに座りながらクラシックギターをかき鳴らしていた。もうこの表現だけで十分やばいんだが、それが自分の父親だと知った僕の胸中はもっとやばかった。

走り出してそいつの顎を粉砕してやりたい衝動にかられつつも、僕はその26歳の父に声をかけてみた。

「こんにちは」

すると父は、ギターをかき鳴らしていた手を止めて、こちらに向かって愛想よく「やあ」と返してくれた。

「いつもここでギターを弾いてるんですか?」

「うん。今の俺には、これくらいの事しかできないから」

何言ってんだこいつ。

「お仕事は何をされてるんですか」

「仕事ねえ……」

突然父はフッと微笑むと、いきなりギターをじゃらんと鳴らした。

「君はまだ若いから分からないかもしれないけど、俺くらいの年齢になるとね、仕事って、したら負けなんだよ」

マジで何言ってんだこいつ。

「これは一種のスポーツなんだよ。仕事をするしないのチキンレース。決して働けないわけじゃないんだよ?でもね、俺はあえて働かないんだ。世の中で汗水垂らして苦しんで働いている社会人たちのために、働かないという選択を泣く泣くしているんだよ」

ただの無職の発言だった。それもかなりたちが悪い。

気づいたら僕は、父のギターを奪い取っていた。そして、奪い取ったそれで父の顔面をしたたかにぶん殴っていた。

父はブランコの下にうずくまり、めちゃくちゃ泣いていた。だが、それ以上に僕は号泣していた。親のこんな過去なんて見たくなかった。

 

そのあとの記憶はあまりない。

ただ、気がついたら僕はもとの時代へ帰ってきていた。

起きて食卓へ行くと、いつも通りに頭の悪い母が頭の悪そうな朝食を作ってくれていた。「これ、なに?」と訊くと、「塩味噌汁」と母は答えた。いわく、具がなかったからとりあえず塩を入れてみたらしい。なんだそれ。そんなの入れるくらいなら味噌汁なんて作るな。

「母さんはどうして、父さんと結婚したの?」僕が尋ねると、母は少し驚いた様子で僕を見た。そりゃそうだろう。そんなの今まで一度だって聞いたことはなかったんだから。

「そうね」と、母は少し照れたように笑った。

「母さんが高校生のとき、部活中に足を骨折して入院したことがあったの。そのとき、父さんも入院しててね、父さんはただ顔が腫れてただけで他は全く問題なかったんだけど、どうも誰かに殴られた衝撃で記憶が飛んでしまったみたいで、今まで自分が何をしていたのか全く思い出せなくなっていたの。それで話していくうちに、記憶がなくて自分でも不安なはずなのに、すごく優しくて良い人だな、とわかって。そこからお付き合いすることになったのよ。

父さん、結局記憶は戻ってないみたいだけど、母さんと付き合い出してから勉強して大学に通いだして、今では立派にお医者さんなんだから、偉いわよね

そうか、と、僕は塩味噌汁をすすりながら思った。

僕が過去へと戻ったのは、あそこで父をぶん殴る為だったのか。

そのおかげで父は就職し、二人は結婚できたわけだと。

すべて腑に落ちた。

だがそれと同時に、「だとしたら」とも思った。

「あともう一発くらい殴っとけば良かった」

 

 

 

 

 

 

 

※この作品はフィクションです。実在の作品、人物、団体などとは一切関係ありません。 

 

【役に立たない】人前で屁をこいたときの対処法6選+こかれた側の心構え【ライフハック】

 

こんにちは、クボノです。

突然ですが皆さん、屁っていつもどのタイミングでこいてますか?

 

冒頭から臭い話ですいません。ただこれって、人になかなか訊けないことだと思うんです。

良識ある人間なら、それこそ「人のいない所で」とか、「トイレで大と一緒に」とか、誰にも迷惑をかけない場所でこくのが正解なんでしょうが、

それでも例えば体調が芳しくない時だとか、もうどうにも辛抱たまらん時とかは、そこが電車内だろうがエレベーター内だろうが関係なくこいてしまうものだと思うんです。

で、こいてしまったが最後、あたかも密閉空間の中にいる人全員の親の仇にでもなったみたいに恨まれるわけです。

 

別に誰だってそんな場所でこきたいわけじゃないんです。誰だって良識ある人間なんです。私だってそれなりの分別はあるんです。だってもう大人だから。

でもね、でもどうしてもどうしようもないときって、あるじゃないですか。

例え私がいかにマザーテレサの生まれ変わりと言われるほどのよく出来た真人間だろうと、うっかり屁は仕方ないことじゃないですか。

※うっかり屁:本心はこきたくないが、身体が言う事を聞かずにこいてしまう屁のこと。「そこで屁?」「やっぱり屁」と同義語。

 

そんなわけで今回は、通勤電車の中や、満員のエレベーター内、デート中の車内など、絶対に屁をこいちゃいけないシーンでうっかり屁をしてしまったときの対処法をお伝えしていきたいと思います。

 

今からうっかり屁の対処法を発表する人

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain

クボノ。映画とマンガとアニメとゲームをこよなく愛するカレイ

かつて友人宅で盛大なうっかり屁をこき、本気で部屋中の換気をされた経験がある。

 

そして今回は、私がお伝えする対処法が本当に使えるのかどうかをジャッジしてもらうため、審査員としてたまたま近くにいた友人を呼んでいます。

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain

今回もたまたま近くにいた友人。

昔、横で寝ていた友人を屁で起こしたことがある

 

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「それでは、今回は厳正なジャッジをお願いします」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「わかった。実際こういうシーンって結構あるから、使える方法があると本気で助かる」

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「結構自信のある方法ばっかりだから、是非この記事を読んだ人は、明日からでも実践して欲しいね」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「それは内容次第だけどな」

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「それではまず一つ目から、対処法を見ていきましょう」

 

 

対処法① 気にしない

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「いきなりふざけたな」

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「いやいや!違うんだって!屁をこいた事実そのものをまるっきり無視すれば、『そもそも本当にこの臭いは屁なのか?』ってなって、なんやかんやなあなあになるんだって!」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「ならねえよ」

 

評価

点/10点

 

審査員のコメント

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain

例え、屁をこいた事実を当事者がまるっきり無視しても、周囲は突然の異臭に気づきます。そこで「なんか臭くない?」と言われたら結局終わりなので、この方法はそもそも成立しません

 

 

対処法② 急に大音量で音楽を聴きだす

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「これは音つきの屁のときの対応。音がデカい屁って、大概臭いはそこまでキツくないから、なんとか音だけでも誤魔化せればうまくいくはず」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「その、音がデカけりゃ臭いは軽いって理論はどこから出てきたの?」

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「え?自分の長年の経験からだけど」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「……」

 

評価

点/10点

 

審査員のコメント

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain

先ほどの対処法よりはある程度実践的だと思ったので、1点としました。

ただ、通勤電車やエレベーター内などで大音量の音楽を流すこと自体が公共マナーに違反するということと、そもそも僕は音もデカいし臭いもキツイ屁をよく放つので、この方法は使えません。

 

 

 

対処法③ 深呼吸する

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「これは、屁をこいた後に悪臭が周囲の人間に行き届く前に自分で吸っちゃえ作戦。深呼吸すれば、鼻息荒くなるかもしれないけど、臭いは多少緩和されるんじゃないかと思う」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「これは確かに使えるかも。エレベーターとか電車とか、窓が開けられない空間では仕方ないよね。ただ、すげえ鼻息荒いやつだなって思われる可能性はあるけど」

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「鼻息荒いやつと屁をこいたやつだと、罪が重いのは圧倒的に後者だからね。まだマシでしょ」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「実際は、屁をこいた上に鼻息も荒いやつだけどな」

 

評価

点/10点

 

審査員のコメント

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain

これは、もしかしたら実際にやっている人もいるんじゃないでしょうか?自分の悪臭を周囲に広める前に、なるべく自分の所で終わらせる。非常に健気で心優しい気構えだと思います。むしろ、これをした人が自分の屁の臭いで体調を崩さないかが心配です。

 

 

対処法④ 扉の開閉にタイミングを合わせる

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「これは、電車やエレベーターならではの方法。電車だったら駅に着いた瞬間に、エレベーターだったら途中の階に着いた瞬間に…放つ!

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「なるべく外に向かってやるべきだね」

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「エレベーターは、間違えたフリして最寄りの階を押しちゃえばいいと思う。そうすれば我慢する時間も少なく済むし」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「まあ、使えなくもない方法ではある」

 

評価

点/10点

 

審査員のコメント

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain

今まで発表された方法の中では最も現実的だった為、この点数としました。しかし、エレベーターを本来なら停まらない階で停めてしまうというのは、非常に周囲から怪しまれる可能性もあるため、ここは本当に慎重さを要求されるところだと思います。

 

 

対処法⑤ 人の動きに合わせて

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「さっきのと似てるけど、こっちは人の動きから生まれた風の流れを利用して、なるべく遠くへ屁を拡散させる方法」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「屁の拡散が早ければ早いほど、クサい時間も短縮できるってことね」

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「そういうこと」

 

評価

点/10点

 

審査員のコメント

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain

この方法も、先ほどの方法と同じくより実践的であるため、高得点としました。しかし、先ほどよりも1点落としたのは、いかに屁の拡散時間を早めようと、屁が周囲にかぐわっているという事実は変わらないため、その臭いで不快な思いをする人が少なからず出ると判断したためです。

※かぐわっている:屁の臭いそのものの動詞。例)「ここはどうも田中の屁がかぐわっているな」

 

 

 

対処法⑥ 全力で他人のせいにする 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「まあ、結局はこれが正解だと思う」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「正解だね。人間としては0点だけど」

 

評価

10点/10点

 

審査員のコメント

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain

結局これが正解だとは思いますが、人間としては糞ゴミヘドロ以下です。皆さんは絶対に真似しないでください。

 

 

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「あと最後に、実際に電車やエレベーターの中で屁をこかれた側の解決法も考えてみました」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「そんなものまで」 

 

 

 

こかれた側の心構え 

「この屁の臭いは、目の前のおっさんではなく、奥に立つ美少女がこいたものだ」と思い込む

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「こうすることで、どんな悪臭でも許せるようになって、世界は平和になる」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「きっとそうだろうね」

 

評価

あなたの心が決める点/10点

 

審査員のコメント

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain

みんながそう思うなら、きっとそうなるんでしょうね。

 

 

 

・・・・・・

 

さて、そんなわけで屁をこいてしまったときの対処法についてお伝えしたわけですが、そもそも、人前で屁をこかないように、繊維質の多いものは朝食で摂らない排便は外出前に済ませておく。などを心がけておくだけで、うっかり屁を防ぐことができますので、良識のある皆さんはこんな対処法はあてにせず、そういう風に心がけて行動しましょう。

 

それでは、また次の記事で。

 

 

 

新社会人へ捧ぐ!心が疲れた時に訪れるべき「楽園」のススメ!

 

4月だ。

4月とはつまり、始まりの季節である。

 

3月という辛い別れの季節を乗り越え、人々は新たな環境で、まだ見ぬ未知の世界へと飛び込んでいく。

 

中でも新社会人にとってのこの季節は、驚きとショックと怒りと疲れの連続に違いない。

学生の頃から社会は怖い所なのだと教わってきた賢明な学生諸君は、いかに社会が面倒くさい事を避けるために若手を使い潰していく所なのかを知るだろう。

 

しかし、だからといって絶望してはいけない。

もちろん、入社した会社が魔王城みたいなところであれば、そこからは早々にとんずらするのが正解だし、自分の身と心を守るためには多少の醜聞はやむを得ない。

だが、そうでないのなら、

「今は辛いけどこれから先も頑張っていけそう」と思えたのなら、

あなたが絶望しそうになったそのときの、心の寄る辺となりうる場所をお教えしたい。

 

 

申し遅れましたが、わたくしクボノと申します。どうぞよろしく。

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain

クボノ。映画とマンガとアニメとゲームをこよなく愛するカレイ

今一番はまっているのは長時間の睡眠

 

 

これは、私が新社会人となって3か月ほど経った頃の話。

当時、社会人なりたての私は、業務上最低限覚えなくてはいけない事柄を身に着けるため必死だった。

買ったばかりだったドラクエビルダーズも全く手につかず、平日は仕事が終わればすぐに帰って勉強し、休みの日もどこにも出かけず勉強しという日々を送っていた。

身体はそれなりに丈夫だった為、体調を崩すこともなく日々猛烈な業務に勤しむことができたが、心は疲弊していたのだと思う。

入社してから3か月が過ぎたその頃、私はまるで、何かのタガが外れたように、自身の中から溢れてくるあまりにも強烈な衝動を抑える事ができなくなってしまった。

 

モフモフに触りたい」 

という衝動を。

 

 

f:id:kubonobono:20180406223654p:plain

※図はモフモフのイメージ

 

モフモフ

それは、この地上に存在するあらゆる単語の中で最も甘美な言葉。

ヒトは誰もがこのモフモフを求め、崇拝し、モフモフの下に散っていく。

 

だが、当時私の住んでいたアパートはペット禁止。

いかに私が心底モフモフを求めようとも、モフモフがしっぽを振ってこちらへと寄ってきてくれることはなかった。

 

ならば、と、私はすぐに行動した。正確にはGoogle検索した。「オーケイグーグル」とか言ってた。

仕事によって極限まで摩耗していたはずの精神力は、モフモフというたった四文字の単語によって、不死鳥のよう甦っていた。 

「最初からこうすればよかったんだ…」

そうして私は、Googleの力によって猫カフェにたどり着いたのだった。

 

 

出会い

猫カフェ自体、行くのは生まれて初めての経験だった。

怒りに狂った猫…もといモフモフたちがこちらに向かって襲いかかってこないだろうかなどと、不安に胸をざわつかせながらも、さる日曜日に私はとある猫カフェの扉を開いた…。

             f:id:kubonobono:20180406225609p:plain

店内は非常に清潔な空間で、動物園やペットショップにありがちな、獣臭のような独特な臭いはしなかった。

私はまず、店内入り口にて靴を脱ぎ、備え付けのスリッパに履き替えた

               f:id:kubonobono:20180407000739p:plain

そして店の利用ルールについて、入り口で一通り店長さんから丁寧に説明を受けた後、消毒のために手を洗う。 

               f:id:kubonobono:20180407000834p:plain

スリッパに履き替えるのも、手を洗うのも、パルボウィルスなどの感染症対策のためらしい。

あと初めて知ったのだが、猫カフェに来る前にその辺の野良猫を触ると、入店を断られることもあるらしい。これもウィルス感染を防ぐためしょうがない事なんだそうだ。

 

何分コースにするかやドリンクの注文を決めた後、ようやく店内へと入る。

座席に座り、あたりを見渡したその瞬間、私の目に飛び込んできたのは…

 

 

 

「にゃ」

f:id:kubonobono:20171022192944p:plain

モフモフっ!

 

 

 

 

「にゃにゃ」

f:id:kubonobono:20171022193413p:plain

ダブルモフモフっ!!

 

 

 

「にゃーん」

f:id:kubonobono:20171029095100p:plain

伸びてるモフモフっ!!!!

 

 

目の前のモフモフたちに興奮止まらず、ずっと店内を徘徊し続ける私。

この日、店内には8匹のモフモフたちがおり、みなゴロゴロしたり遊んだりと、それぞれがのんびりした様子で過ごしていた。

 

 

f:id:kubonobono:20180406180013p:plain

寝てるモフモフ

 

 

 

f:id:kubonobono:20171022194230p:plain

起きてるモフモフ

 

 

 

f:id:kubonobono:20171022194158p:plain

寝てる。

 

 

 

f:id:kubonobono:20171022195049p:plain

寝てる。

 

 

 

f:id:kubonobono:20171022194649p:plain

だいたい寝てた。

 

 

当初は怒れるモフモフ達に襲われやしないかとビクビクしていた私だったが、そんなことはまったくなく、むしろ寝ていてあんまり相手にはされなかった…。

 

 

 

f:id:kubonobono:20180406231917p:plain

かわいい。

 

 

 

f:id:kubonobono:20171022200845p:plain

これは同行人の手。

隙をついてめっちゃ撫でてた。


 

…このとき、仕事で疲弊していたはずの私の心が、このカフェにいる8匹のモフモフたちによって、みるみるうちに浄化されていくのを感じていた。

頭の中は「もふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふもふ」と、バグったAIみたいな思考回路になっていたが、それはつまり、すべての些末な事を忘れ、目の前のモフモフたちのことだけを全力で考えていたからだと思う。

あるいはマジでバグっていただけだと思う。 

 

 

さて。

就職して3か月目の私は、この日の記憶大量の写真フォルダによって、何度も慰められた。

くじけず何とか仕事の基礎の基礎程度は覚え、それなりに仕事が楽しいと感じられるようにもなった。

ただ、同期には職場環境に馴染めず冗談じゃなく体重が10㎏以上減った子や、メンタルがやられて半年で辞めてしまう子も確かにいた。 

 

新社会人の皆さん。

貴方たちはまだ社会に出たばかりで、愚かな先輩や優れた先輩たちに多くの指導や攻撃を受けながらも、これから先立派に成長していくことを期待されているすばらしい未来の可能性です。

つまらないことで己の身を無下に扱ったり、自身の価値を過小に評価することだけはどうかしないでください。

 

誰だって初めての環境は辛いのです。

辛いのを我慢するのは必ずしもいい事ではありません。

 

色んな事に疲れてしまったときは、まずは猫カフェに行ってみてください。

そこにはみんな大好きモフモフ猫たちがいて、ただ寝転がっている彼らを眺めるだけで、不思議と明日を生きる活力のようなものを得られるからです。

 

猫カフェ=楽園

 

この等式をしっかりと頭に叩き込んで、また明日も一日頑張ってください。 

 

 

 

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

 

 

 

 

最後に、 

快くブログへのアップを承諾してくださった「猫カフェSO-SE-KI」さん。

ありがとうございました。

member.fukunet.or.jp

【コラム】俺の嫁とエイリアン

         f:id:kubonobono:20180406185333p:plain

※画像はWikipediaより引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/エイリアン_(映画)

 

エイリアンという映画をご存じだろうか。

リドリー・スコット監督によって1979年に発表されて以来、今もなお続編やスピンオフが出るほどの強固な人気を誇る超有名作品である。

作中で登場するエイリアン(異星人)のビジュアルがとにかく強烈で、発表当時、一度見たら決して忘れられないその姿は、世界中の子供たちにトラウマを刻みつけたことでもお馴染みだ。

  

 

俺の嫁はエイリアンに似ている。

食卓に座って、コーヒー片手に物憂げに何かを考えているときなんかは、特に似ている。

だが、俺はそんな嫁を見て可愛いと思う。世界で一番可愛いと思う。

それはつまり、エイリアンを見て世界一可愛いと思うのと同じことだが、そんなことはどうでも良い。

俺にとっては俺の嫁が何よりも一番なのだから。

  

ある日、仕事から帰ってきた嫁が悲しげな表情をしていた。

「なにかあった?」と尋ねても、「別に」としか答えてくれない。

女性の言う「別に」が、本当に「別に」という意味だけをはらむわけがないので、俺は嫁に何度も、それも結構しつこいくらいに理由を尋ねた。

さすがに10回目くらいの「なにがあったの?」で嫁は折れたようで、渋々理由を話してくれた。

「今日、会社の同僚と話してたんだけど」

「うん」

「今度、うちの部署で結婚する人が出て、その人が、『結婚相手はこの人ですー』って、みんなに写真を見せてたの」

「うん」

「みんなその写真を見て、『イケメンだねいいね』なんて言ったりして、そしたらなぜか私の夫の写真を見せる流れになっちゃって」

「うん」

「本当は嫌だったんだけど、見せないとその場も白けるし、仕方なくあなたの写真を見せたの、そしたら……」

嫁はそこで口を噤んでしまった。

聞かなくても分かる。きっと同僚からはこう言われたのだろう、「旦那さんはこんなにイケメンなのに、あなたってエイリアンみたいな顔してるのね」と。

確かに事実かもしれないが、それを彼女に直接言ったところでどうなる?

彼女を悲しませたところで、その同僚は一体何が得られるってんだ?

俺は腹の奥底からフツフツと怒りが湧きあがるのを感じた。

覚悟を決め、

「そんな会社もう辞めていいよ。これからは俺が一人で頑張って稼ぐから」

と言いかけたその時、

嫁が再び口を開いたのだった。

「…そしたら、『あなたの旦那さんってプレデターそっくりね』って言われたの…私、悲しくて。確かにあなたは元々プレデターに似てるけど、でも、そんなこと関係ないくらい私はあなたのことが好きなのに。美女と野獣のカップルだってことはもちろん分かってたつもりだけど、そんなこと、わざわざ口に出して言わなくても良いじゃない。ねえ、そう思うでしょう?」

俺は、決めた覚悟をすぐに捨てた。その場で捨てた。

 

 

 

 

 

 

 

 

※この記事はフィクションです。実在の作品、人物、団体などとは一切関係ありません。

 

「1999年公開の映画が何もかも最高すぎるのでみんな観るべき」という話

 

マトリックス

リング2

シックス・センス

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

劇場版ポケットモンスター 伝説のポケモン ルギア爆誕

ハムナプトラ/失われた砂漠の都

007 ワールド・イズ・ノット・イナフ 

 

 

なんの前フリもなく、いきなり映画タイトル名だけを並べてすみません。

しかし突然ですが、皆さんに質問です。

このタイトル名の一覧を見て、今まで一度でも観たことがある。あるいは名前だけなら聞いたことがある・知っている。

という作品はいくつありましたか?

 

全部実際に観たことがあるという貴方。良いですね、友達になりましょう。

 

といっても、ここに並べた作品はすべて超がつくほどの有名作品。

「このタイトルの作品は知らないけどポケモン自体は知ってる」

とか、

「007は観たことはないけど、ジェームズ・ボンドが活躍するスパイ映画だってことは分かる」

とか、そんな感じで皆さん「観たことはなくとも内容はなんとなく分かる」程度には全てご存知かと思います。

 

それでは、ここに挙げた映画たちがそれだけメジャーであることを踏まえたうえで、次の質問です。

 

さて、この映画タイトルたちの共通点は一体なんでしょう?

 

 

 

正解は、

今ここに列挙した映画作品すべてが、

1999年に公開された

ということなんです。

 

そのことを理解した上で、もう一度さっきの映画名一覧を見てみて下さい。

 

マトリックス

リング2

シックス・センス

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

劇場版ポケットモンスター 伝説のポケモン ルギア爆誕

ハムナプトラ/失われた砂漠の都

007 ワールド・イズ・ノット・イナフ

 

この作品たち、全部です。

 

ぜーんぶ、1999年というたった1年の間に公開されてるんです。

 

これ、すごくないですか?

このラインナップ、すごくないですか?

 

というわけで今回は、1999年公開の映画作品がいかに名作ぞろいでみんな観た方がいいのかということを語っていきたいと思います。

そうです。

この記事ははただそれだけの記事です。

 

 

申し遅れましたが、わたくしクボノと申します。

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain

クボノ。映画とマンガとアニメとゲームをこよなく愛するカレイ

かつて「おすすめ映画って何がある?」と友人から尋ねられて「銀河ヒッチハイクガイド」を紹介したらドン引きされたという悲しい過去をもつ。

※銀河ヒッチハイクガイド:イギリス製の映画。イルカが歌ったり地球が爆発したりするコメディ。

 

そして今回は、そんな私の映画トークが白熱し過ぎないよう、聞き手役としてたまたま近くにいた友人を呼んでます。

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain

たまたま近くにいた友人。

映画にほとんど興味はないが、超有名タイトル程度ならさすがに知っている。

今一番はまっているのはサガスカ

 

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「それじゃあ、暴走し過ぎたときは止めてね」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「いいけど、どうすればいい?こん棒とかでぶっ叩いたらいい?

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plainぶっ叩かなくていい。言葉で注意すればいい。魚だけどその辺の物分かりは良いから」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「ほんとに?まな板の上でドーン!とかしなくていい?」

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plainしなくていい。言葉で注意すればいい」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「ちっ」

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「今舌打ちした?」

 

 

 

 

まずは映画ランキングから

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「それでは、99年の映画作品がいかにすごいのかっていう事を知ってもらうためにも、まずはこちらをご覧ください」

 

f:id:kubonobono:20180405024422p:plain

Wikipediaより引用

https://ja.wikipedia.org/wiki/1999年の映画#全世界興行収入ランキング

  

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「これは何?」

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「これは、1999年公開映画の世界興行収入ランキングだよ。こうやって見ると、いかに99年が映画豊作の年だったかが分かるね」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「僕は普段あまり映画は観ないけど、ここにランクインしてる作品くらいなら大体知ってる。観たことはないけど」

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「99年公開作品って言ってもたくさんあるから、今回はこのランキングに載っている作品を紹介していくことにするよ。それじゃあ、まずは一作目」

 

 

 

 

スターウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「堂々の1位はスター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス。旧三部作が完結して、新三部作として最初に出たスター・ウォーズだね」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「さすがにスター・ウォーズは知ってる。何がどうなってる映画なのかは全く知らないけど」

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「それは知ってるって言えるのか…?ちなみに、エピソード1のポッドレースのシーンは今でも映画史に残る伝説的な名場面。これだけでも見る価値がある」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plainスター・ウォーズって、めちゃめちゃたくさん出てるけど、あれって結局どれから見るのが正解なの?」

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「話の時系列としては、エピソード1から順に流れているけど、公開年はエピソード4、5、6、1、2、3の順だから、個人的には後者の見方がおススメ。

それに、3を観た後に4を観たら技術の差が激しくてマジでびっくりするので、そうならないためにもエピソード4から観た方が良いかも」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「ふぅん。めんどくさいんだね」

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「そうだね、知らない人からすればそう思われるのも仕方ないかも。

しかも最近は、ディズニーがルーカスフィルムを買収してエピソード7以降も作ってるから、これから更にややこしくなるよ。

どうせ見るなら正月休みとかゴールデンウイークとか、時間のあるときにまとめて観た方がいいね」

  

f:id:kubonobono:20180405221119p:plain

 

  

 

シックス・センス

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain 「2位はシックス・センスM・ナイト・シャマラン監督作品の中でもぶっちぎりの最高傑作であり、主演のハーレイ・ジョイル・オスメントの出世作でもあるこの作品。

ブルース・ウィリス

『この映画にはある秘密があります。まだ映画を見ていない人には、決して話さないで下さい』

というメッセージはあまりにも有名で、最後に訪れる衝撃の結末に誰もが騙されるという、叙述トリックの王様みたいな作品」

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「今まで一度もこの映画を観たことないし内容も知らないという人は、頼むからWikipediaとか個人ブログのストーリーネタバレだけは読まないで欲しい。

ホントに何も知らないまま、純粋な気持ちでこの映画を楽しんで欲しい」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「こん棒でぶっ叩こうか?」

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「やめて」

  f:id:kubonobono:20180405221242p:plain

 

 

 

トイ・ストーリー2 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「3位はCGアニメのトイ・ストーリートイ・ストーリーは個人的に3が一番好きだけど、これも良い話だった。特にカウガール人形のジェシーが持ち主に捨てられた歌はマジで胸が痛んだ」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「おもちゃ大事にしないとね」

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「ホントそう。粗末にしちゃいけないよって教訓だよね」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「だね」

 

f:id:kubonobono:20180405221355p:plain

  

 

 

マトリックス

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「はい来たウォシャウスキー兄弟!もう姉妹になったけど!」

マトリックスの監督を務めた兄弟。

2008年に兄のラリーが、2016年に弟のアンディがそれぞれ性別適合手術を行い、現在ではそれぞれ、ラナ、リリーと改名している。

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plainキアヌ・リーヴスがこう…、上体反るシーンがめちゃくちゃ有名になったよね」

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「この作品自体が日本のアニメや漫画の影響をモロに受けてて、首の後ろにコード挿すトコロとか、まんま攻殻機動隊

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「とにかくCGとワイヤーアクションがすごくて有名になったんだよね」

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「いいなー。もうずっとこの話だけしてたいわー」

  

f:id:kubonobono:20180405221504p:plain

 

 

 

ターザン

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「5位はディズニーアニメ版のターザン。これは、世界的には大ヒットした割に日本ではあんまり人気出なかったんだよね」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「へぇ、そうなんだ。なんでなの?」

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「なんでだろう?面白かったんだけどね。ディズニーのアニメってヒットする時としない時の波が激しいんだよね。

ムーランとかアトランティスとか、あれも普通に面白かったんだけどなぁ」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「実名を出すな」

 

f:id:kubonobono:20180405221557p:plain

  

 

 

ハムナプトラ/失われた砂漠の都

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「6位はハムナプトラ。はい、問題です。ハムナプトラといえば?」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain正解

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「古代遺跡の謎とか、ミイラの大群との戦闘とか、夫婦の絆とか色々見どころはあるんだけど、一言で現すと」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain

  

f:id:kubonobono:20180405221644p:plain

 

 

 

ノッティングヒルの恋人

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「なんだか記事がどんどん縦長になってるから、さすがに巻いて行こう。7位はノッティングヒルの恋人。これはジュリア・ロバーツがとにかく可愛い。可愛いジュリア・ロバーツを見るための映画

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「そんな雑な紹介あるかよ」

 

f:id:kubonobono:20180405221730p:plain

 

 

 

007 ワールド・イズ・ノット・イナフ

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「8位は007 ワールド・イズ・ノット・イナフ。ちなみにこれ007の19作目の作品なんだって」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「えっ、007多いな。最近もなんか公開されてたよね?」

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「あれで24作目らしい」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「多っ」

  

f:id:kubonobono:20180405221904p:plain

 

 

 

アメリカン・ビューティー

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「9位はアメリカン・ビューティーサム・メンデス監督作品。この人は最近007の監督もしてる」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「こんなところに007の影が…」

  

f:id:kubonobono:20180405221958p:plain

※スカイウォール、スペクターのみ(2018年4月現在)

 

 

 

オースティン・パワーズ:デラックス

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「最後にオースティン・パワーズ。これは言わずもがな007のパロディ」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「どこまで続くんだ007…」

  

f:id:kubonobono:20180405222107p:plain

 

 

 

・・・・・ 

 

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「…ふぅ、これで99年の世界興行収入ランキングのトップ10を全部紹介したわけだけど、どう?映画観る気になった?」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「まあ、映画観る気になったかどうかは別にして、99年が名作ぞろいっていうことは分かった。あと後半は007だらけだってことも分かった」

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「他の年代の興行収入ランキングとかも見てもらったら分かるんだけど、99年は特に有名作が多くて抜きん出てるんだよね。

何か映画観たいけど、良いもの無いかな?とか考えてる人には、とりあえず99年公開作品をおススメしたい。

ちなみに今回は全世界のランキングを観たけど、同年の日本配給収入のトップ10はこうなってる」 

 

f:id:kubonobono:20180405024848p:plain

Wikipediaより引用

https://ja.wikipedia.org/wiki/1999年の映画#日本配給収入ランキング

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「さすがにかぶってるのも多いけど、こっちも有名作ばっかりだ」

 

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain「でしょう。でも、定番だけど、意外に観たことないって作品もあると思うんだよね。だから、ゴールデンウイークで休みの予定が決まってない日とかには、家に籠って映画を観るってのも、良いと思うんだよね」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「確かに、いいかもね」

 

f:id:kubonobono:20180403213847p:plain「(結局、一発もぶっ叩けなかったなぁ…)」

 


 

・・・・・

 

 

というわけで、

1999年の映画は面白いという話をただひたすらして来ましたが、皆さんいかがでしたでしょうか?

 

他にもいっぱいおススメしたい映画はあるのですが、ひとまず今回はここまでとしておきます。

こんなに縦に長い記事を最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました。

 

  

それでは、また次の記事でお会いしましょう!

 

【検証】西尾維新作品のキャラ名ってホントに実在するの?

こんにちは、ライトノベル愛読家クボノです。

皆さん、今日も元気にライトノベル、読んでますか?

  

「学生の頃に読んでた」

「今まさに読んでる」

「今日リゼロの新刊買ってきたよ!」

「は?ライトノベルって何?」

 

と、皆さん反応は様々だと思います。

ラノベ知らない人に関しては今回はスルーします。それくらい自分で調べよう。)

 

ちなみに私はラノベの中でも西尾維新作品のものが特に好きだったりするのですが、 

西尾維新作品を一度でも読んだことのある人なら、絶対にみんな思う事が一つあるんです。

それが…、

 

  

西尾維新作品の登場人物、たいがい凄い名前つけられがち

  

 

ということ。

例を挙げればキリがないくらい凄い名前ばっかりなんですが、

例えば、戯言シリーズに出てくる

七々見 奈波(ななななみ ななみ)

この名前を最初見た時、マジで誤記かと思いましたからね

  

ラノベって、自然と口調名前にキャラの個性が色濃く出ることが多いんですが、

それにしたって西尾維新作品のキャラ名は、他の作品と比べて頭一つ突き抜けてる印象。

 

で、

そこで私がふと疑問に思ったのが、

そんな奇抜なネーミングばかりを付けられた西尾維新作品のキャラ達、

  

「その名前って本当に実在するの??」

 

ってことなんです。

  

名前はともかく、苗字とか。

さすがにあれだけ奇抜な名前のオールスターみたいな作品だから、ほとんどが実在しないとは思うんですが、一応。

一応調べてみます。ホント、一応ですよ…? 

  

それでまあ、一応調べるにしてもルールがあった方がよかろうという事で、考えました。

 

それがこちら。

f:id:kubonobono:20180330233542p:plain

こんな感じ。

  

というわけで、上記ルールを元に「戯言」キャラの苗字を一人ずつ見ていきたいと思います。

 

 

今回、「戯言」シリーズのキャラ名を分析する人

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain

クボノ。映画とマンガとアニメとゲームをこよなく愛するカレイ

ラノベも当然守備範囲内。

戯言シリーズで一番好きなキャラは石凪萌太

特技はすぐ調子に乗ること。悪い癖はすぐ調子を崩すこと

よろしくお願いします。 

 

 

 

それでは早速、キャラ名を見ていきたいと思います。

まずは一人目、主人公

ぼく

この人は本名が作中では最初から最後まで明かされなかったので、今回は除外します。

 

  

二人目、 ヒロイン

玖渚 友(くなぎさ とも)

「玖渚」ですね。果たして実在するのでしょうか。

      f:id:kubonobono:20180330235901p:plain

いません!

玖渚という苗字の人物は存在しないようですね。

   

さあ、それではどんどん行きましょう。

ここからは、作品ごとにキャラ名をまとめていきたいと思います。

 

  

 

 

 

まずは、西尾維新氏のデビュー作でもある、クビキリサイクル」 

絶海の孤島。天才ばかりが集まる館。というまさに本格ミステリーな内容でした。

f:id:kubonobono:20180330233707p:plain

…あれ??

 

予想に反して、登場キャラクターのうち、9人中5人は実在する苗字のようです。

デビュー作だからか、この頃はまだキャラのネーミングも大人しめだったんでしょうか。 

ちなみに哀川さんの苗字が調査中となってますが、これは実在しないんじゃなくて、現在集計中なんだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

つづいて、シリーズ第2作となるクビシメロマンチスト」 

f:id:kubonobono:20180330233821p:plain

こちらも、9人中5人が実在する苗字という結果になりました。

ただ、この辺から明らかにキャラの名前で遊びだしてますね。

「えもと ともえ」なんて回文ですしね、これ。

 

 

 

 

 

 

 

そして、シリーズ3作目のクビツリハイスクール」 

f:id:kubonobono:20180330234130p:plain

この作品はそもそも登場人物があんまりいないんですが、それにしてもまだ5人中3人

つまり全体の60%は実在する苗字のようです。

 

 

 

 

 

 

4作目は、 シリーズ初の上下巻展開された作品サイコロジカル

 

f:id:kubonobono:20180330234214p:plain

今回も登場人物10人中6人は実在する苗字。

いまだ60%…。どうしたってんだ西尾維新…。

 

それにしても、「佐藤」さんとか、「田中」さんとか、普通の日本ならたくさんいるだろう苗字が一人も出てきませんね。

 

 

 

 

 

 

 

シリーズ5作目となるヒトクイマジカル

作品としては、もうこの辺からミステリー要素がほぼなくなって、バトル物にシフトしていきます。

f:id:kubonobono:20180330234302p:plain

出たな七々見。

 

そして、ここにきて実在苗字率が50%を切ります

しかも「隼」さんは、全国的にみても非常に珍しい苗字のようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、それでは次が「戯言シリーズ」ラストの作品ネコソギラジカルになります。

上中下の3巻構成で、登場人物も多い作品ですからね。

一体どうなってるのでしょうか…?

 

  

 

 

 

 

 

f:id:kubonobono:20180330234401p:plain

 

 

 

 

 

キターーーーーーーッ!!!!

 

 

 

 

 

見てください!この真っ赤なキャラ名一覧を!

ほぼ実在してませんよ!

なんと登場キャラ16人中実在する苗字はたったの3人

しかもその3人とも全員が、100人以下のレア苗字ばっかり!!

  

そう!そうなんです!私たちが西尾維新に求めているのはつまりそういうことなんです!

 

いやーよかった。サイコロジカル辺りまでは、

「もしかして実は西尾維新作品のキャラ名って普通なのか?」

と、若干焦ってたんですが、流石は西尾先生です。

期待を裏切らない。むしろどんどん超えていく。

ファン冥利に尽きます。

 

 

 

 

 

結論

 

最終的に、登場キャラクター58人25人の苗字が実在しているということが判明しました。

確率でいうと、だいたい43%くらいですかね。「ネコソギラジカル」の怒涛の追い上げが効いたようです。

 

正直言って、流石にゼロってことは無くとも、実際にいても2、3人くらいじゃない?と思っていたので、この数字には結構ビックリしました。

「西東」さんとか「右下」さんって、創作じゃなく世の中にちゃんといるんですね。

勘違いしていて申し訳ないです。

 

 

さて、

今回は西尾維新作品の中でも特に、キャラの名前に注目したわけですが、

キャラ名以外にも、口癖とか、二つ名とか、西尾維新作品のキャラクターはみんな印象的な個性を数多く持っています。 

ラノベはよく読むけど、西尾維新は読んだことない」

とか、

「<物語>シリーズは好きだけど、戯言シリーズは読んだことない」

とか、そんな人にも興味を持っていただけたら幸いかと。

 

 

それでは、また次の記事で。

 

 

出典元:名字由来net

myoji-yurai.net