kubonoのブログ

呼吸するようにふざけるため、ふざけてるのか呼吸してるのか時々分からなくなります。

【Aqua Timez 解散】大好きだった彼らの曲をみんな知ってくれ

 

   

5月8日。

スマホでいつものように適当にネットサーフィンしていたら、こんな記事を見つけてしまった。

 

www.asahi.com

 

Aqua Timez 解散

 

え、嘘でしょ?

マジの話なの?これ?

 

と、最初あまりの衝撃に戸惑いが隠せなかったのだが、

Aqua Timez解散するらしいですよ」

と近くにいた職場の人に話したところ

「誰?」

と普通に言われてさらに衝撃を受けた。

その場にいた誰も彼らを知らなかった。

 

嘘でしょ?

みんな「決意の朝に」とか聞いてないの?

「等身大のラブソング」とか、めちゃくちゃ流行ったじゃん。

知らないってマジで?

 

今年中に彼らはすべての音楽活動を辞めてしまう。それだというのに、彼らを知らない人が世間にいるなんて。

彼らが世間からいなくなってしまう前にも、彼らの書いたすばらしい曲についてできるだけ多くの人に知って欲しい。

この記事では、彼らのことをよく知らない人のためにも、Aqua Timezの名曲たちをお伝えしていきたいと思います。

  

 

 

もくじ

 

 

メンバー

 

太志(ふとし)

ボーカル担当。ほぼ全ての曲の作詞作曲を担当。

敬愛するバンドはミスチルスピッツブルーハーツ

ミュージシャンの友達がめちゃくちゃ多い。(ミスチルの桜井さんウーバー、ワンオクのボーカル小田和正なんかと親交があるらしい。凄いな

 

OKP-STAR(オーケーピースター)

ベース・コーラス担当Aqua Timezのリーダー。

ヘビメタ好き。敬愛するバンドは「メタリカ」。太志と曲の好みが全然違う

 

大介(だいすけ)

ギター・プログラミング・コーラス担当

影響を受けたアーティストはX JAPANのhide。

毎週マガジンを買っている雨男

 

mayuko(まゆこ)

キーボード・ピアノ担当

影響を受けたミュージシャンはaikoaikoコピーバンドをしていたこともある。

ライヴでは基本裸足

 

TASSHI(タッシー)

ドラム担当

影響を受けたアーティストは、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのチャド・スミス、B'z、 L'Arc〜en〜Cielなど。多い。

紅白出場の際、一人だけ警備員に止められたことがある

 

 

 

 

代表曲

 

等身大のラブソング

youtu.be

2005年に発売された、Aqua Timezのデビューミニアルバム「空いっぱいに奏でる祈り」に収録された1曲。

当時の中高生たちの間で猛烈なヒットを飛ばし、「ラブソング=この曲」という等式を作り上げ、Aqua Timezの名を世に知らしめた名曲である。

 

 

決意の朝に

youtu.be

2006年に発表されたメジャーデビュー後初のシングル。

当時公開された宮部みゆき原作のアニメ映画ブレイブストーリーの主題歌となり、バラエティ番組やCMなどで何度も曲が流されたことから、中高生以外の人気も獲得するに至る。

また、彼らはこの年初めて紅白歌合戦に出場し、本番でこの曲を披露している。

(そしてその会場入り口でドラムのTASSHIは警備員に止められた)

 

 

千の夜をこえて

youtu.be

前出の「決意の朝に」と同年に発表された曲。

その当時からすでに大人気漫画だったBLEACHの映画「劇場版BLEACH MEMORIES OF NOBODY」の主題歌となる。

 

 

ALONES

youtu.be

2007年に発表された曲。

「千の夜をこえて」同様に、超人気漫画「BLEACH」のアニメOPとして起用される。

当時BLEACHのアニメを見ていた少年少女たちは、100%この曲を口ずさむことができるだろう。

 

 

youtu.be

2008年に発表された、仲間由紀恵主演のドラマ「ごくせん 第3シリーズ」の主題歌となった曲。

あまりにも有名な曲のため、おそらく2008年に日本にいた人なら、冒頭の「大丈夫だよ 見上げればもう~」という歌詞を聞いただけで、「あ、聞いたことある」と絶対になるはず。

 

 

Velonica

youtu.be

2009年に発売されたシングル・velonica

こちらは「BLEACH」の9代目OPとなった楽曲。

こうやって見ると、Aqua TimezBLEACHとはとても縁の深い関係だったことが分かる。 

 

 

 

まとめ

Aqua Timezは、確実に日本を代表するロックバンドの一つだ。

今で言うONE OK ROCK米津玄師のような、若者から圧倒的な人気を誇るバンドだった。

彼らの曲とともに青春時代を過ごした人は多いし、思い出の曲として今でも大事に想う人も多いだろう。

例え彼らが解散したからといって、この名曲たちは無くならない。

だからどうか、彼らの作ったこの名曲たちが、一人でも多くの人々に届くことを願いたい。

 

 

でも、本音を言えば

「解散なんかするな」 

 

 

 

この記事を書いた人

f:id:kubonobono:20180403212947p:plain

クボノ。映画とマンガとアニメとゲームをこよなく愛するカレイ